神奈川県横浜市瀬谷区の建設会社勝建設はお客様満足度100%をめざしてます!
モデルハウス|横浜瀬谷区の建設会社 勝建設
最近は横浜市内で新築戸建住宅を施工してます

 

まずは住宅の基礎から
基礎工事が一番大切です。


   役所 設計事務所の立会いで
配筋検査
   SE構法の特徴柱の下に金物にて
ドリフトピン12mm2本で緊結
   通し柱は基礎から金物で固定
柱の荷重で土台にめり込まない
床下には結露や寒さ対策に断熱材
ア50mm敷き込
   SE構法の建方中
詳しい説明はトップページからSE構法
に説明があります
  SE構造体に構造用合板完了
   構造用合板は指定した釘の種類、長さ
で釘の打つ間隔を指定定規で検査を致します
   バルコニ-はFRP防水 当社は必ず2層で施工
1PはFRP 一層の意味 (10年保証)
2PはFRP 二層の意味 (15年保証)
   屋根はガルバ鋼板縦ハゼ施工 鉄板の厚さで
耐久性は違います 当社は04mm
   断熱材は隙間なくキチント施工 隙間があれば結露
の原因になります。
   外壁はモルタル塗ですが 当社はモルタルでも通気
工法で施工 家が腐らない。